AAMAA 米国補完代替医療推進協会
AAMAAは非営利活動任意団体(Non-Profit Organization)です。
ホーム
トピックス
米国補完代替医療の背景と現状
メディカルハーブと米国補完代替医療
病態別補完代替医療の代表例


米国補完代替医療推進協会について

米国補完代替医療推進協会
American Complementary and Alternative Medicine Advancement Association

− 米国補完代替医療についての正しい情報提供と普及を目的としています。−

 

ごあいさつ

化学薬の誕生とも言えるアスピリンが発売されてから約100年を経た今日、再びヒトの歴史と同じだけの歴史を持つ民間療法、伝統療法、植物療法などに注目が集まっています。

西洋医学、化学療法は急速に発展し、確実な効果を上げてきました。私たちはそれに頼ることを当然のこととして受け止めていますが、物理的な治療は時として人の身体や心の大きな負担になることがあります。そのような背景から最近では西洋医学と併用する形で補完代替医療を利用するドクター(臨床家)も確実に増えてきています。

生命や健康はすべての人にとってかけがえのないものであり、真剣に取り組むべきテーマです。ですから利用する個人レベルで情報を検討し、本当に必要なもの、価値のあるものを選択して行く必要があります。私たちはそのための情報提供、教育活動を行い選択肢の一つとして健全な代替医療の普及の一翼を担っていければと考えております。

 

設立の目的

補完代替医療の正しい理解と普及を推進することを目的としています。利用者ひとりひとりの意識を高め、選択眼を養って頂く手助けになればと思っております。

 

活動のご案内

当協会は設立の目的を達成するために以下の事業を行っています。

  • 調査および研究活動の支援
  • 正しい情報の発信(安全性、有用性、適正価格など)
  • セミナー、シンポジウムなどの開催による啓蒙活動
  • 米国の補完代替医療推進家などの招聘
  • 国内外の関連団体との交流
  • その他

構成メンバーの多くがアメリカに活動拠点、コネクションを持っております。代替医療先進国アメリカでの実績、経験、情報を元に活動しております。

 

Complement and Alternative Medicine補完代替医療の定義

西洋医学における治療の限界、副作用などによるQuality of Life(生活、生命の質)が問題となる中で、古い歴史を持つ伝統医療が見直されるようになってきました。西洋医学を代わりに補うという意味でComplement and Alternative Medicine(補完代替医療)という分野が生まれました。アメリカは西洋医学、Complement and Alternative Medicine両者の最先端地域の一つです。そのアメリカでの理解は「理論よりも経験」という米国の医学、医療の原則に従った現状の医療選択の手直しとされているようです。

代替とは「何かに代わる」という意味ですが、実際のところ、西洋医学なしに治療を行うことはほぼ不可能です。そこで代わるというよりも「補う、また選択肢の一つとして存在する医療」と私たちは定義付けています。

 

私たちの活動は皆さんの寄付に支えられています。
郵便局 当座
口座番号00120-3-607973
名義 米国補完代替医療推進協会

 

役員のご案内

名誉会長

ハリー・プルス M.D.
(ジョージタウン大学教授 米国 ワシントンDC)

理事

庄 邨 農学博士
(バイオリサーチ研究所 主任研究員 米国 ニュージャージー州)

マイク シロタ
(MWII社代表 米国 ニュージャージー州)

ナカムラ トモコ
(SM社副社長)

ハセガワ ケンジ 
(医学博士/食品保健指導士)

マーク ケイラー Ph.D. (ハーバリスト)
(米国 カリフォルニア州)

ミッチ コーベン (ハーバリスト)
(ヴァイタリティワークス社代表 米国 ニューメキシコ州)

顧問

マーク ブルーメンソール (ハーバリスト)
(アメリカ ボタニカル カウンセル 会長)

林 真一郎 (薬剤師)
(グリーンフラスコ代表/日本メディカルハーブ協会 副理事長)

私たちは非営利活動任意団体(Non-Profit Organization)です。
Mail:info@aamaa.jp TEL:03-5789-3774
お問い合せは平日9時から5時まで

Copyright (C) American Complementary and Alternative Medicine Advancement Association.