AAMAA 米国補完代替医療推進協会
AAMAAは非営利活動任意団体(Non-Profit Organization)です。
ホーム
トピックス
米国補完代替医療の背景と現状
米国補完代替医療の背景と現状
米国における補完代替医療の普及
サプリメントへの信頼
サプリメント商品選択の基準
補完代替医療における治療アプローチ
商品情報を読むときに注意すべきこと
メディカルハーブと米国補完代替医療
病態別補完代替医療の代表例


米国補完代替医療の背景と現状

米国のNIH(国立衛生研究所)は、補完代替医療を「普通の医学部では教えない、普通の病院では行わない、普通の健康保険ではカバーされない医療」と定義しています。簡単に言うと「現代医学以外のすべての医療」のことですから、とても広い範囲の医療を指します。

具体的には、

  1. 中国医学(鍼灸や漢方)・インド医学(アーユルベーダ)・ホメオパシー(西洋の極端に希釈した植物エキス療法)・各地の原住民の医療など、現代医学とは別の伝統的な医療体系。
  2. 催眠療法・瞑想・音楽療法・祈祷などのような心身療法。
  3. ハーブ類(エキナセアやギンコーなど)・その他の天然物(サメ軟骨やプロポリスなど)・体内物質(メラトニンやDHEAなど)その他を用いた内服療法。
  4. マッサージ・指圧・ツイナ(推掌)・カイロプラクティクスなど、身体に物理的に働きかける方法。
  5. 気功・霊気・手かざし療法・磁場や電流などを用いた治療など、エネルギー(気)による療法。

以上の5つに分類されています。

いずれも根強い愛用者や信奉者がいることは確かですが、程度の差こそあれ、どの補完代替医療も現代医学からは「科学的な証明(エビデンス)が足りない」と言われてきました。しかし、中には十分なエビデンスのあるものや、私どもの健康的な生活にもっともっと活用すべきものも少なくありません。私ども米国補完代替医療推進協会では、特に科学的根拠がしっかりしている補完代替医療を、米国ならびに世界から情報収集し、日本に紹介していくことを目指しております。

補完代替医療のなかには、なかなか科学的な説明や証明ができないものもありますので、そのようなものは当協会では積極的に取り扱わず、科学的証明が比較的可能なもの、具体的には主に前述の 1. 伝統的な医療体系と 3. 天然物などの内服療法を中心とした機能性を有する食品(サプリメント)を紹介してまいります。

Copyright (C) American Complementary and Alternative Medicine Advancement Association.