AAMAA 米国補完代替医療推進協会
AAMAAは非営利活動任意団体(Non-Profit Organization)です。
ホーム
トピックス
米国補完代替医療の背景と現状
米国補完代替医療の背景と現状
米国における補完代替医療の普及
サプリメントへの信頼
サプリメント商品選択の基準
補完代替医療における治療アプローチ
商品情報を読むときに注意すべきこと
メディカルハーブと米国補完代替医療
病態別補完代替医療の代表例


体内浄化

英語ではDetoxification(デトクシフィケーション)といいます。体の毒素を排泄することで、個人の健康状態を決定するうえで最も重要なことといえます。私たちの体内には、あらゆる毒素が蓄積されています。これらの体内毒素は以下の4つに大別されます。

1)重金属
鉛、水銀、カドミウム、ニッケル、アルミニウムなどです。脳、腎臓、免疫組織など、体のいたる組織に蓄積されます。産業汚染の環境が原因のひとつですが、普段使用している調理器具や缶詰食品、歯の詰物などから体内に摂取されています。マルチビタミン・ミネラルや水溶性繊維を多くとると良いようです。

2)肝臓に関わる毒素
有毒な化学物質です。殺虫剤や除草剤の使用、化学薬品の摂取、食品添加物の摂取などによって体内に入ります。これらが蓄積されると神経性の異常や頭痛を引き起こします。通常、これらの毒物は肝臓で解毒されるのですが、そのため肝臓の負担が過剰になります。肝臓の機能を上げる作用のあるメディカルハーブ、ミルクシスル(マリアアザミ)やマルチビタミン・ミネラルの摂取が有効です。

3)細菌
細菌そのものや細菌の産生する毒素によって様々な病気が発症します。様々な感染症、食中毒、化膿性の炎症などがあげられます。

4)蛋白質代謝後の老廃物 アンモニアや尿素など。
十分な量のお水を飲み、排便排尿には心がけると良い。
さらに体内の浄化には断食も有効です。ただし個人によっては医師の指導のもとで断食する必要があります。また宿便を排泄するための浣腸も良いでしょう。米国の補完代替医療を施す医師には、がん患者に対し、まずはコーヒー浣腸で腸内をきれいにしてから、治療を開始する方が少なくありません。体内を浄化することで治療効果が上がるようです。

補完代替医療における治療アプローチ
免疫を上げる
体内浄化
ストレスマネージメント


Copyright (C) American Complementary and Alternative Medicine Advancement Association.