AAMAA 米国補完代替医療推進協会
AAMAAは非営利活動任意団体(Non-Profit Organization)です。
ホーム
トピックス
米国補完代替医療の背景と現状
米国補完代替医療の背景と現状
米国における補完代替医療の普及
サプリメントへの信頼
サプリメント商品選択の基準
補完代替医療における治療アプローチ
商品情報を読むときに注意すべきこと
メディカルハーブと米国補完代替医療
病態別補完代替医療の代表例


ストレスマネージメント

ストレスは私たちの健康状態に様々な形で大きな影響を与えます。しかしストレスがまったくない生活はありえませんし、適当なストレスは、私たちにやる気を喚起し、健全な競争を促すなど、プラスに作用することも良くあります。ストレスを上手にマネージメントすることが大切です。ネガティブストレスは、精神的な疾病、免疫能の低下、臓器(特に心臓や血管)機能の低下といった障害と関係があります。補完代替医療の観点からは、以下のような手法でストレスを上手にマネージメントできると考えられます。

1) 食事生活の見直し
カフェインとアルコール、さらに精製された炭水化物(白米、白砂糖など)の摂取を控える。

2) リラクゼーション
自分の好きなことをする時間をもつ。さらにアロマセラピー、音楽療法、瞑想、呼吸法、気功なども有効です。また筋肉をほぐすために、体を伸ばし、かるくマッサージするのも効果があります。

3) メディカルハーブ
ハーブのなかには、ストレス緩和に有効なものがあります。代表的なものは人参類です。特にアジアンジンセン(高麗人参)には、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)の分泌を促し、副腎から抗ストレスホルモンと呼ばれるグルココルチコイドの分泌を増加させる作用がありますので、ストレスに適応する力を高めることが期待できます。また不安を軽減する作用もあります。ストレスによる不安、睡眠障害といった症状には、鎮静効果のあるハーブとしてカモミール、ヴァレリアン、パッションフラワーなどがよいでしょう。
(その他、大きなものとして「抗酸化」と「栄養素の補給」があると思います)

補完代替医療における治療アプローチ
免疫を上げる
体内浄化
ストレスマネージメント


Copyright (C) American Complementary and Alternative Medicine Advancement Association.