AAMAA 米国補完代替医療推進協会
AAMAAは非営利活動任意団体(Non-Profit Organization)です。
ホーム
トピックス
米国補完代替医療の背景と現状
メディカルハーブと米国補完代替医療
病態別補完代替医療の代表例
ガンと補完代替医療
生活習慣病と補完代替医療
心療内科と補完代替医療
抗酸化と補完代替医療


生活習慣病と補完代替医療

2. グリスリン(マイタケ抽出物)

昔から、キノコには、血糖値を下げたりする働きがあるという研究がされてきました。特にマイタケは、免疫力を活性させる「D-フラクション」等の研究が数多く行われてきたキノコです。元々日本の研究者によりマイタケ中の「X-フラクション」と言う成分が血糖値を下げると言う研究が行われてきました。しかし、この「X-フラクション」には大きな欠点があったのです。それは、「免疫力を低下させる。」と言う問題でした。これは糖尿病患者にとって大きなリスクです。そこで新たにマイタケの中から新しい成分として、分画されたのがグリスリンです。

グリスリンはニュージャージー州バイオリサーチ研究所主任研究員の庄 邨 農学博士が抽出に成功し、米国ジョージタウン大学生理学ハリー・G・プルス教授がその効果を動物実験で確認し、日本の静岡大学農学部・河岸教授(農学博士)がその成分を特定し、日本の病院でも臨床データの収集がスタートしています。このように広く多くの研究者に研究されているグリスリンは期待の新成分と言うことが出来ます。

グリスリンは血糖値を下げるメカニズムは、インスリンの感受性を改善させる働きが有るといわれ多くの同様な効果がある医療薬が重大な副作用を抱えているのに対し、グリスリンは副作用の心配が無いということです。

また、高血症、肥満、高脂血症を伴う、「メタボリック・シンドローム」(内臓脂肪症候群・インスリン抵抗性症候群とも呼ばれています。)全般に効果があることが確認されています。

生活習慣病と補完代替医療
1. CoQ-10(コエンザイムQ-10)
2. グリスリン
3. 亜鉛
4. クロム
5. ホーソン

Copyright (C) American Complementary and Alternative Medicine Advancement Association.