AAMAA 米国補完代替医療推進協会
AAMAAは非営利活動任意団体(Non-Profit Organization)です。
ホーム
トピックス
米国補完代替医療の背景と現状
メディカルハーブと米国補完代替医療
病態別補完代替医療の代表例
ガンと補完代替医療
生活習慣病と補完代替医療
心療内科と補完代替医療
抗酸化と補完代替医療


抗酸化と補完代替医療

抗酸化というと皆さんは何を思い出すでしょうか。「悪者の活性酸素をやっつける成分」と言う感じではないでしょうか。ところがこの活性酸素と言うものは非常に厄介なものなのです。元々人間の体の中にはSODをはじめ、カタラーゼ、グルタチオン・パーオキシターゼなどの酵素が活性酸素を除去しています。年齢とともにSODの量が減ってきますが、SODと同じように活性酸素を除去する物質をサプリメントとして摂取することにより補うことが出来ます。代表的なものとして、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン、フラボノイド、ポリフェノール、カテキンなどです。このように体内で不足する分は外から補うことによって、過剰に発生した活性酸素もうまく抑制することができます。

抗酸化物質は活性酸素に対して単独でも戦いますが、チームを組んでお互いを元気づけています。ビタミンCやEはセレンと共にベータカロチンの効果を高めます。最近脚光を浴びているCoQ-10(コエンザイムQ-10)(コエンザイムQ-10)はミトコンドリア(細胞の原動力)の中深くで作用し、エネルギーの移動作用を助け、ビタミンEを還元し若返らせます。そしてビタミンEと共に、CoQ-10(コエンザイムQ-10)(コエンザイムQ-10)は活性酸素からミトコンドリア膜を保護します。

また、アルファリポ酸はビタミンCを再生し、ビタミンCは今度はビタミンEを還元し若返らせます。
このように各抗酸化物質はチームを組んで、相乗効果を高めています。単体で活動する量よりも相乗的、複合的に活動する量の方が多いと言われています。そういう意味で、抗酸化物質を複合的に摂ることがいかに大事かがわかります。

活性酸素は細胞の外、細胞膜、細胞の中のどこでも発生します。細胞の外は水なので、ビタミンCのような水溶性の抗酸化物質が作用します。細胞膜は脂質なので、ビタミンEのような脂溶性の抗酸化物質が作用します。細胞の中は水溶性と脂溶性の両方を兼ね備えているので、水と油を通り抜けていける抗酸化物質がないとダメということになります。そういう意味からも1〜2種類の抗酸化物質では十分な働きをしないということになります。

幾つかの抗酸化剤を組み合わせて摂取するか、きちんとフォーミレーション(処方)されたサプリメントを選択すべきです。代表的な抗酸化物質を紹介しましょう。

抗酸化と補完代替医療
1. ビタミン&ミネラル
2. CoQ-10(コエンザイムQ-10)
3. アルファリポ酸
4. 海岸松樹皮エキス

Copyright (C) American Complementary and Alternative Medicine Advancement Association.