AAMAA 米国補完代替医療推進協会
AAMAAは非営利活動任意団体(Non-Profit Organization)です。
ホーム
トピックス
米国補完代替医療の背景と現状
メディカルハーブと米国補完代替医療
メディカルハーブの歴史と背景
メディカルハーブの定義
メディカルハーブにまつわる誤解
補完代替医療の中でのメディカルハーブの位置づけ
メディカルハーブ辞典
病態別補完代替医療の代表例


メディカルハーブ辞典

アメリカンジンセン

英名: アメリカンジンセン
和名: 西洋人参
学術名: Panax quinquefolium
主な用途: 強壮、血糖・コレステロールの低下、ストレス緩和、免疫賦活、肺の虚弱による咳
主な作用: 生体機能の調整、免疫活性、虚弱、発熱、喘息(咳の治療)
使用部位:
歴史と背景:
ジンセンは中国で5000年前から利用され9世紀にはアラブの医師にも知られていました。「東方見聞録」にも出てきます。アメリカンジンセンは18世紀に発見されました。ジンセンのなかでも高麗人参とともに特に高価な品種です。高麗人参「陽」は滋養強壮に即効性を発揮するのが特徴なのに対して、アメリカンジンセン「中性」の強壮剤で、環境ストレスへの抵抗力、若々しさの維持、バイタリティーの増進と持続性が特徴です。また、他のニンジン類よりも効果が穏やかで長続きします。

主な関与成分:
ステロイド系配糖体、サポニン、アセチレン化合物、ステロール、ジンセノイド

安全性(APFAのグレード)と注意事項:
Class 1
ただし、高血圧の方、妊娠中の方は使用しないで下さい。

組み合せすると良いハーブ:
イチョウ葉、リコリス
Copyright (C) American Complementary and Alternative Medicine Advancement Association.