AAMAA 米国補完代替医療推進協会
AAMAAは非営利活動任意団体(Non-Profit Organization)です。
ホーム
トピックス
米国補完代替医療の背景と現状
メディカルハーブと米国補完代替医療
メディカルハーブの歴史と背景
メディカルハーブの定義
メディカルハーブにまつわる誤解
補完代替医療の中でのメディカルハーブの位置づけ
メディカルハーブ辞典
病態別補完代替医療の代表例


メディカルハーブ辞典

ギンコー(イチョウ葉)

英名: ギンコー
和名: イチョウ葉
学術名: Ginkgo biloba
主な用途: 血行を促進、血管を丈夫にする、老人性痴呆症の予防、ものわすれ、記憶力の強化、目眩、耳鳴り、頭痛
主な作用: 脳血管への血流促進、血液循環促進
使用部位:
歴史と背景:
地上でももっとも古くからある植物であり、約1億9千万年前から生育していたと考えられています。原産地の中国では薬用として用いられてきました。葉から脳の血液循環不良、中枢神経の十分な血流を保つために利用されてきました。
1960年代以来脳の血液循環不良、記憶力、集中力、痴呆症に関しても重要性を示す結果が発表されている。
血球細胞の連結によって分泌される血小板活性因子(PAF)の制御効果があります。

主な関与成分:
ギンコライド・テルペノイド、フラボノイド、ギンクゴリド、ビロバノイド

安全性(APFAのグレード)と注意事項:
Class 1
大量出血が予想される手術直前には使用を控えるほうがよい。

組み合せすると良いハーブ:
ジンセン系、セントジョンズワート、ジンジャー
Copyright (C) American Complementary and Alternative Medicine Advancement Association.