AAMAA 米国補完代替医療推進協会
AAMAAは非営利活動任意団体(Non-Profit Organization)です。
ホーム
トピックス
米国補完代替医療の背景と現状
メディカルハーブと米国補完代替医療
メディカルハーブの歴史と背景
メディカルハーブの定義
メディカルハーブにまつわる誤解
補完代替医療の中でのメディカルハーブの位置づけ
メディカルハーブ辞典
病態別補完代替医療の代表例


メディカルハーブ辞典

バレリアン

英名: ヴァレリアン
和名: 西洋カノコソウ
学術名: Valeriana officinalis
主な用途: 不眠症、不安、痙攣、痛み
主な作用: 鎮静作用、緩和作用、筋肉の痙攣低下、血圧降下、鎮痛作用
使用部位:
歴史と背景:
ローマ時代から鎮静薬、緩和薬として用いられてきました。
ストレスを取り除くのを助けここ10年ほどで一般的な治療薬になってきている。
ドイツ政府が発行する薬局方にも、その睡眠促進作用が認められ、世界中でひろく愛用されているハーブです。ドイツやスイスでの広範囲に渡る研究では深い睡眠を促し血圧を下げる。バレポトリエイトは鎮静、抗抑制作用があり、睡眠を引き起こす。抑制性神経伝達物質の働きを引き伸ばすことにより、神経の興奮を減少させるようです。

主な関与成分:
イリドイド、(バレポトリエイト)バレテレイト、イソバレテレイト、アルカロイド、バレリック酸

安全性(APFAのグレード)と注意事項:
Class 1
眠気がでますので、機械操作などをする前には服用するべきではありません。

組み合せすると良いハーブ:
カヴァカヴァ(日本では禁止医薬品承認を得ないと販売できない)、パッションフラワー
Copyright (C) American Complementary and Alternative Medicine Advancement Association.